2018.8.8

じんきち袋って、知ってますか?

kan02

writer/なかたに

こんにちは、酒高蔵スタッフなかたにです。

甚吉(じんきち)袋とは、酒屋からお酒を運ぶ際に使われていた布の手提げで、

ずっと使える丈夫な帆布生地でできている、酒屋さん専用のかばん。

酒袋と呼ばれたり、通い袋と呼ばれたり、

色んな呼ばれ方をしているようですが年配の方なら知っている昔ながらの存在なんですよ。

サイズも一升瓶・四合瓶などあり、おかいものかばんや配達などで使われて、醤油の瓶を運ぶ袋もあるんだそうな〜。フーン

最初の画像の通り、梅酒屋でつくりましたよ!
こちらの甚吉袋は酒瓶300mlが二本入る小さいサイズで、梅酒屋オリジナルのスタッキングボトルを入れるのにピッタリなんです。

印刷は手刷りということで、シルクスクリーンのワークスペースをお借りできる「レトロ印刷JAM」さんにて作成〜!

jam_02

道具コーナーから必要な道具を集める!
製版をしていただき、梅酒屋カラーを調合!
学生時代シルクスクリーンを専攻していたのですが、ウン年経つと記憶が…

でも大丈夫!
初回に限り、とっても丁寧に教えてくださるのです。

jam_03
途中のペースダウンを避けられない100枚でしたが、助っ人も到着し、かんせーい!
後日予定している海外イベントでは、こんな風にのれんとしても使う予定です!

noren