今夜は粋に、呉春を飲む。

江戸時代に誕生した「粋」という美意識。
武家の中からではなく、町人文化から花開いた点に
庶民の創造性豊かなセンスが感じられるんですよね。

茶や藍色など、やや渋めの着物を羽織りながら鮮やかな色調の襦袢を着る。
いわゆる「裏まさに」の考え方が「粋」の真骨頂ってもの。

かつて東の越の寒梅、西の呉春と例えられるこの酒は
タレントや総理大臣、天皇陛下が飲んだから人気があるのではなく、
大阪の庶民がこよなく愛する酒で人気を博す、いわばローカルのヒーロー。

特級クラスの特別吟醸がハレの酒なら、
二級クラスの池田酒はまさに庶民のアイドル。

粋とは「垢抜けして、張りのある色っぽさ」と表現した哲学者、九鬼周造。
洒落た酒器でも用意して、ちょっと粋に飲んでみませんか?

常温便にてお届けします。ただし、外気温が高くなる5月~10月の間はクール便のご利用をおすすめいたします。また、お届け後は冷暗所にて保管してください。

特定名称:清酒
アルコール度数:15%
酒蔵名:呉春(大阪府)

呉春 池田酒 1800ml [呉春]

価格
  • ¥1,849(税込)
只今お取扱い出来ません