上質といい酒は、言葉少なめがちょうどいい

バブル全盛期ならいざしらず、今の時代に生きる私たちにとって
リッチとかラグジュアリーというものは単に金額が高けりゃイイってもんじゃない。

そこに造り手の歴史や伝統といったものがないとリスペクトできない。
つまりラグジュアリーはすごくメンタルなもんなんです。

呉春って酒は、それだけで大阪人にとって特別なもんだけど、
特別吟醸は、まさにラグジュアリーの酒。

こだわり、幻のという言葉が乱立する中で、淡々と造り続ける酒蔵の姿勢は
まさに、上質といい酒は言葉少なめがちょうどイイ。

あまり分かりやすいのって苦手なんです。
そんな本物を見抜く大人に楽しんで欲しいお酒です。

呉春 特別吟醸 1800ml [呉春]

価格
  • ¥4,230(税込)
数量