時代を超えて、乳酸菌。

雑菌の繁殖を抑える乳酸菌。
水もとは、その働きを最大限に利用したお酒造りの方法で、
室町時代に確立されたといわれている。

時は流れに流れて令和の時代。
美吉野醸造がとったのは、
水もとを酵母の育成だけではなく、仕込み水にも使った、
いわば2段重ねの製法。

室町時代、乳酸菌という概念はなかったはずなのに、
その力の有用性を経験の中から導き出し、
うまく利用してきた先人たちの知恵にも驚きですが、
更に美味しいお酒を目指し、
試行錯誤し続ける美吉野醸造の姿勢にも凄みを感じます。

時代を超えて繰り返される、乳酸菌を利用したお酒造り。
甘酸っぱさの中にも深みがあるのはそのためでしょうか。

花巴 HANATOMOE 水もと×水もと 720ml [美吉野醸造]

価格
  • ¥1,980(税込)
只今お取扱い出来ません