円熟された、コハクメロウ。

最古の宝石と言われる琥珀。
その飴のような穏やかな黄金色は
暖かみを帯びていて、どこか懐かしい。

その名を冠したコハク酸は
旨味を呈する酸味で、常温のまま口に含むと
渋くて暗い深みのある味わいを広げます。

何千万年もの歳月の間
空気と触れ合うことで造り上げられた「琥珀」が、
誰よりも似合うシン・ツチダ。

従来の日本酒のように
空気から遮断して一つの味を保とうとするのではなく、
わざと空気と溶け合わせることで
変化し完成していく味わいを、どうぞお楽しみください。

シン・ツチダ 720ml[土田酒造株式会社]

価格
  • ¥1,870(税込)
数量