2019.5.16

作り手と酒 vol.003 菊の里酒造/蔵人 阿久津 信 ・大森 篤志

旅の蔵人。
バックパッカー時代は主に南米を歩いた、社長の阿久津 信さん。

旅の途中でサルサと出会い、滞在した街、夜は地元民のようにサルサを楽しむ。
バックパッカーにサルサ…

その風貌からの意外性と、
しっかりと目を見て会話される所に、引き込まれる感じがする。

大いなる那須の大地、大那。お酒はまじめ、ラベルはカラフル。
実直な風貌、本当はサルサ。大那はギャップ。

お酒は我が子、と蔵元さんは言います。
まるで阿久津さんをそのままお酒にしたような大那。

スペイン
モロッコ
グアテマラ
アルゼンチン
バンコク



長距離バスに乗っていると
停車するたび、次第に言葉と顔が変わっていくのがおもしろい。

人種や年齢が入り混じったバスに乗っていると、お金があってもなくてもみんな家族がいて、
こどもがかわいくて…地位が、なくなる。

『同じ人間なんだなって思いますね。』


蔵人の大森篤志さん

偶然大森さんも、バックパッカー時代をもつ旅の蔵人。
それがきっかけで住み着く事10年。
それだけでもそうそういないけれど、筋骨隆々の元レスラーという異色の蔵人でもある。

『お酒は、楽しいとより美味しいじゃないですか。』

優しい瞳をしていました。

菊の里酒造 蔵人
阿久津 信
大森 篤志