2019.6.20

【音楽とお酒】その人物像に想いを馳せる。-天明 初夏のセメ-

何も情報を入れずに、一口飲んでみる。

不思議なお酒!優しさと激しさが同居しております。
天明らしい味わいと、すぐさま押し寄せる鮎のワタの様な爽やかな苦味!

さてさて、ラベルを見ると、、、春から初夏へ、とあります。
なるほど、春の優しさと初夏の日差しの激しさなのね。と一人で納得。

責めのお酒を初めて頂きましたが、美味しいものですね。
冷やして飲むと、激しさ、苦さはキレッキレ。優しさはほんのりと。
常温だと、優しさが広がる傾向ですね。
お燗にすると、アルコールのピリ感が良いアクセントとなり、たまりません。

このお酒には…とても悩みましたが、ブラームス作曲のヴァイオリン とピアノの為のソナタ第2番は如何でしょう。

メロディーの優しさがあり、リズムの激しさがあり。まさにこのお酒にピッタリ寄り添う曲ではないでしょうか。

何よりブラームスという作曲家は、才能を人から妬まれ、時代に理解されず、批判を受け続け、心が硬い殻に覆われてしまっています。しかし、心の中は、誰よりも情熱があり、優しく、そして思いやる人間なのです。

そんな、ブラームスの人物像にも想いを馳せながら飲む天明初夏のセメは、特別な味がします。

(writer/高橋宗久)